検索結果

  • 1-24件を表示 /  35
  1. (編著)加藤基樹

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    あの時の強い思いを風化させないために。被災地の厳しい状況を知り、何かをしなければというひたむきな思いに突き動かされた若者

  1. (編著)小林麻理

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    大震災の被害に立ち向かう自治体の財政は厳しく、行政力には限りがある。企業・NPO・市民など、民間の様々な力を集める調整役

  1. (著)日置雅晴

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    かつてない放射能汚染を前に、この国の政府・国会は私たち市民のいのちをどのように守ろうとしているのか。日弁連原子力PTメン

  1. (編著)中川武、中川研究室

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    荒ぶる神々との共生。長い歴史のなか、東北の人々は津波をはじめとする自然の脅威に幾度となくさらされてきた。東北各地に残る神

  1. (編)堀口健治、加藤基樹

    1,296 (税込)

    12pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    見た・聴いた・触れた―学生たちは何を考え行動したか?早稲田大学とユニークな農山村との交流の記録。「うわ!」横一列に並

  1. (著)鈴村興太郎、須賀晃一、河野勝、金慧

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    危機における政策が満たすべき条件とは何か。被災者の「日常」を再建し、人々の権利・主体性を大切にしつつ、長期にわたる復興政

  1. (著)高木秀雄

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    大震災の記憶を刻む大地の公園を創ろう。地球との共生を学び、自然災害に備える知恵を日本列島に生きる次世代につなぐ、地質学・

  1. (著)河野勝、小西秀樹、荒木一法、清水和巳、友利厚

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    みずからの問題として大震災を考え、行動するために。被災地の復旧・復興に、原発事故への対処・管理に、次世代・未来世代に影響

  1. (著)岩手日報社編集局

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    マニュアルはない。大津波に消えたふるさとの街に立って、岩手の記者たちは何を見たか、伝えようとしたか。記憶を未来へつなぐ、

  1. (著)水島朝穂

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    いまこそ、個人の尊重を問う。震災後間もなく、原発20キロ圏の南相馬市から大槌町吉里吉里地区まで800キロにわたる現地取材

  1. (著)松岡俊二

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    なぜ事故は防げなかったのか。政府・電力会社・経済界・学界・マスコミの対応、原子力の安全規制制度改革の問題点はなにか。社会

  1. (編著)村田晶子

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    新たな平等社会をめざして。避難所、仮設住宅、復興行政など、復興に関わるあらゆる場面で、女性たちの声がかき消されてしまって

  1. (著)川邉信雄

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    折り重なる瓦礫のなかで身を挺してライフラインを守り、モノとサービスを提供しつづけようとした人々への共感をこめて、日本型コ

  1. (編著)花田達朗、教育学部花田ゼミ

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    今までと同じゼミナールでいいのか。学生たちと教師は大災害の衝撃にまっすぐに向き合おうと教授研究室を工房とし、新聞紙面に目

  1. (編)三菱商事株式会社(監修)堀口健治、笹倉和幸

    1,944 (税込)

    19pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    最先端のグローバル・ビジネスが見える、わかる。三菱商事で最前線に立つ執行役員、本部長、マネージャーほかによる人気講義の書

  1. (編著)横山隆一

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    大地震と原発事故によって世界に誇る日本の電力システムに何が起きたのか。再生可能エネルギーや地産地消型電力網への期待を現実

  1. (編著)本田恵子

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    恐怖と悲しみ、深い傷を負った子どもの心に、おとなはどう向き合えばよいのか。さまざまな問いにカウンセラーがこころを込めて答

  1. (著)三陸河北新報社

    756 (税込)

    7pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    最大被害地のただなかで、みずからも被災者として多くの死に向き合い、がれきとたたかい、必死に生きて紙面をつくり、街のすみず

  1. (編著)中村民雄

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    東日本大震災では、地震と津波による自治体機能の喪失およびインフラ破壊等の事情により、自治体などの公的機関による初動救援は

  1. (編著)加納貞彦、本間勝、石戸充

    864 (税込)

    8pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    早稲田大学オープン教育センター「平和学」ゼミにおける各界ゲストスピーカーの熱い講義を再現。21世紀の平和がさまざまな「構

  1. (著)大泊巌

    972 (税込)

    9pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    意気消沈シンドロームを払拭し、科学技術開発への挑戦を現実化する、政治経済のしくみと国民=納税者の意識変革をナノ・テクノロ

  1. (著)柴山知也

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    構造物だけではいのちを守れない。最後の砦の防潮堤が破壊され、激流が町や人々を襲った。従来の研究を根本から問い直す巨大津波

  1. (編)鎌田薫(著)浦野正樹、岡芳明、鈴村興太郎、濱

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    科学者は信ずるに足りないか。大学に何ができるか。大津波と原発事故に直面した、災害社会学・原子力工学・公共哲学・防災工学の

  1. (編)早稲田大学広報室(著)佐野眞一、後藤謙次、江

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    早稲田大学出版部
    発売日 :
    2013/12/13
    対応端末

    日本のメディアとジャーナリストは大丈夫なのか。東日本大震災に直面して、彼らは何をいかに伝えたか。日本のジャーナリズムの危