検索結果

  • 1-24件を表示 /  61
  1. (著)半村良

    497 (税込)

    4pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    「退屈をまぎらわせて」…大金持ちで絶世の美女・好子の言葉に居合わせた四人の男は、奈良時代の怪僧・道鏡の遺宝探しを思いつく

  1. (著)半村良

    659 (税込)

    6pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    〈ヒ〉一族…日本の動乱期に必ず現われ、三種の神器と特殊能力で天下を平らげたというわれる異能集団。本能寺、関ヶ原、幕末、そ

  1. (著)半村良

    551 (税込)

    5pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    2030年、他民族雑居化が進んだ東京は、首都機能を失い犯罪の巣窟と化していた。そんな中、東京を脱出した者たちが「東北自治

  1. (著)半村良

    562 (税込)

    5pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    広告マン佐伯は社運を挽回すべく大手製薬会社にアタックする。運良く会長の寒川に紹介された夜、同席した漢方薬店主が暴漢に射殺

  1. (著)半村良

    497 (税込)

    4pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    絶世の美女と四人の男、彼らは弓削の道鏡の遺宝を求め、栃木の下野薬師寺跡で実に意外な物を発掘した。だがそれを機に美女の別の

  1. (著)半村良

    529 (税込)

    5pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    新聞記者は、ある日、国会周辺から怪しい光を発して飛び立つ円盤を目撃した。一方、青森県亀ヶ岡から大量に出土した火焔土器と遮

  1. (著)半村良

    972 (税込)

    9pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    歴史に退廃と戦乱あれば、陰に必ず異能集団・鬼道衆の存在があった。彼らは今、徳川政権を混乱、腐敗させるため田沼意次の台頭に

  1. (著)半村良

    572 (税込)

    5pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    伊沢は商社のエリート課長だった。ある日、失踪中の上司が轢き逃げ事故に遭ったのを目撃したことから、巨大な地下組織の存在を知

  1. (著)半村良

    551 (税込)

    5pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    政治資金を偶然、着服することに成功した若者は、仕手株戦に乗り出し大金を手にすることができたが…。バブル期の日本の虚飾を赤

  1. (著)半村良

    475 (税込)

    4pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    私は想像力で飯を食う小説家。「夢中自殺」に「飛行夢」と、見る夢もさまざまだ。ある夜、「夢中犯罪」を取り締まる夢中署の夢刑

  1. (著)半村良

    1,188 (税込)

    11pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    …をかけて鬼才半村良が辿り着いた“人類と宇宙の摂理”を問う空前の一大巨編、ここに完結!

  1. (著)半村良

    680 (税込)

    6pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    江戸下町・鈴河岸の一丁長屋で暮らす鈴づくり職人・剣次郎には、自慢の宝があった。代々伝わる“長十手”、どんな刀より硬く立派

  1. (著)半村良

    572 (税込)

    5pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    江戸下町の「かかし長屋」は、近在の証源寺の先代の住職が御上の了承を得て築いた人情長屋。盗賊から足を洗った勘助は、長屋の人

  1. (著)半村良

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    選挙違反で逃走中の俺は、ふとした出来心から井須賀市で暮らし始めるが、奇妙な事が起こった。市民が「外の世界」の記憶を失い、

  1. (著)半村良

    680 (税込)

    6pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    光を恐怖する男女、狼男の暗躍、地下のピラミッド…失踪した新妻を探す隅田の周辺で、奇怪な事件が続発。やがて隅田は、ある場所

  1. (著)半村良

    680 (税込)

    6pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    定年退職後、優雅な閑居生活を送る老夫婦の隠された願望。植木職人として仕事に復帰した老人。…それぞれが抱える定年後の切実な

  1. (著)半村良

    497 (税込)

    4pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    わが国のタンカー撃沈さる――情事から目覚めた広告マン室井は、ニュース報道に驚愕した。インドネシア海域でゲリラに奇襲された

  1. (著)半村良

    594 (税込)

    5pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    金山の不正を正すため徳川家康が設けた極秘の職=黄金奉行のもとに、羽州天童で大量の辰砂(砂金)が盗まれたとの報が届いた。直

  1. (著)半村良

    864 (税込)

    8pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    神道とともに発生し、超常能力をもって歴史の闇で暗躍してきた異端の集団・鬼道衆。彼らの出没する処、必ず戦乱と流血、姦と淫が

  1. (著)半村良

    486 (税込)

    4pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    羽田に降り立った嵯峨野の目前で、老人が突然悶え苦しみ、息を引き取った。似たような事件は東京の各地で発生し、その日一日だけ

  1. (著)半村良

    508 (税込)

    5pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    1999年初冬、新宿超高層ビルの窓ガラスが突如飛散。それが超能力少年大出敬誕生の瞬間だった。サイコキネシスやテレパシーを

  1. (著)半村良

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/03/16
    対応端末

    <死体はそう……80メートルほどの高さに浮かんでいた。その死体はどうしようもなく、宙に浮かんでいるのだ〉ここは世界の火薬

  1. (著)半村良

    823 (税込)

    8pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/06/21
    対応端末

    …帰りの男…。半村良畢生の大河ロマン、その奮闘のドラマの幕が切っておろされた!

  1. (著)半村良

    823 (税込)

    8pt

    出版社 :
    祥伝社
    発売日 :
    2013/06/21
    対応端末

    …託して描く、半村良畢生の感動大作ここに完結!