検索結果

  • 1-24件を表示 /  29
  1. (著)開高健

    0 (税込)

    0pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2018/01/05
    対応端末

    小学館電子全集ビッグバンキャンペーン特別限定版。小説家・開高健の代表作と名高い、 闇三部作から『夏の闇』、遺作となった

  1. (著者)開高健、島地勝彦

    1,728 (税込)

    17pt

    出版社 :
    CCCメディアハウス
    発売日 :
    2015/06/16
    対応端末

    幻の名著が四半世紀ぶりに復活!『サントリークォータリー』22~31号に連載され、1989年にTBSブリタニカより刊行

  1. (著)開高健

    594 (税込)

    5pt

    出版社 :
    文藝春秋
    発売日 :
    2015/03/27
    対応端末

    開高健も若かった、東京の街も若かった、1960年代前半のことである。深夜タクシーに深夜喫茶、屋台のオデン屋、佃─明石町の

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/11/28
    対応端末

    座談の名手としても知られた開高健の会話の妙、話し言葉の面白さが味わえる対談・鼎談・座談会集。博覧強記。軽妙洒脱、ときに

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/10/24
    対応端末

    『知的な痴的な教養講座』『シブイ』他、開高健最晩年に編纂されたエッセイ集を収録。「週刊プレイボーイ」に連載され、知性と

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/09/26
    対応端末

    想像の欲求を完全に満たしてくれる本、眠るのも惜しい、オシッコに行くのも惜しい、そういう古今東西の名著を厳選してテキストと

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/04/25
    対応端末

    40代の開高健が新聞や雑誌に書いた珠玉のエッセイを、年代順に網羅した開高健エッセイの集大成第2弾。1971年から198

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2013/10/25
    対応端末

    ベトナム戦争の従軍経験から『輝ける闇』『夏の闇』その他多くの作品が生まれた。ベトナム戦争を取材するため、開高健が朝日新

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2013/06/28
    対応端末

    開高健初の釣り紀行『私の釣魚大全』、地球を半周した釣り紀行第二弾『フィッシュ・オン』、その他釣りエッセイ多数。釣師・開

  1. (著)開高健

    432 (税込)

    4pt

    出版社 :
    文藝春秋
    発売日 :
    2015/03/27
    対応端末

    精緻玲瓏の文体で描きつくし、絶賛された六つの作品。この作家長年の旅と探求がもたらした、深沈たる一滴、また一滴。古美術にふ

  1. (著)開高健

    519 (税込)

    5pt

    出版社 :
    文藝春秋
    発売日 :
    2015/03/27
    対応端末

    「腹のことを考えない人は、頭のことも考えない」。S・ジョンソン博士のこの痛烈深遠な格言にみちびかれてくりひろげられる、古

  1. (著)開高健

    400 (税込)

    4pt

    出版社 :
    文藝春秋
    発売日 :
    2015/03/27
    対応端末

    青い海の色をしたアクアマリン──床にオガ屑を撒いた酒場で出会ったのは、海で行方不明になったらしい息子を探し続ける医者だっ

  1. (著)開高健

    580 (税込)

    5pt

    出版社 :
    文藝春秋
    発売日 :
    2015/03/27
    対応端末

    餌のミミズの話にはじまって卓抜なる文明批評に到る、釣魚エッセイこれぞ決定版! コイを抱き取る名人まあしゃんの話、カジカを

  1. (著)開高健

    559 (税込)

    5pt

    出版社 :
    文藝春秋
    発売日 :
    2015/03/27
    対応端末

    「青い月曜日」は、英語のブルーマンデー(宿酔)に由来する。「私にとって少年時代と青年時代はいつもとめどない宿酔であった」

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/08/22
    対応端末

    さまざまな「音」の記憶を通じて、自らの人生を綴ったオリジナリティ溢れる自伝、『耳の物語 破れた繭 』、『耳の物語 夜と陽

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/07/25
    対応端末

    小説家の愛用品をテーマにして書いたエッセイ、『生物としての静物』と食卓や酒席で用いる男の小道具としてのジョークをテーマに

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/06/27
    対応端末

    『オーパ、オーパ!!』シリーズから『アラスカ至上篇/コスタリカ篇』『モンゴル・中国篇/スリランカ篇』を収録。釣師・開高

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/05/23
    対応端末

    釣り紀行文の傑作『オーパ!』『オーパ、オーパ!!』(アラスカ篇/カリフォルニア・カナダ篇)“何事であれ、ブラジルでは驚

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/03/28
    対応端末

    純文学の作家として書き下ろした短編名作と、行動派の作家が読み解く文学と戦争。純文学作家・開高健の面目躍如たる短編の名作

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/02/28
    対応端末

    グルメ(美食家)、グルマン(大食漢)として知られた開高健が自らの舌と胃袋で研鑽を積んで書き上げた『新しい天体』と『最後の

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2014/01/24
    対応端末

    1979年7月から80年3月までの正味8ヵ月を費やして北米大陸北端のアラスカから南米大陸南端のアルゼンチン領フエゴ島にい

  1. (著)ロアルド・ダール(訳)開高健

    594 (税込)

    5pt

    出版社 :
    早川書房
    発売日 :
    2013/12/27
    対応端末

    残酷で、皮肉で、冷徹で、透明な、ロアルド・ダールの短篇世界。一度味わえば、その味わいは二度と忘れられないものとなる。「女

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2013/12/27
    対応端末

    月刊誌『潮』に5年5ヵ月にわたって連載されたエッセイ『白いページ』『白い白いページ』(1971年1月~1977年4月)、

  1. (著)開高健

    1,080 (税込)

    10pt

    出版社 :
    小学館
    発売日 :
    2013/11/22
    対応端末

    開高健30代(1961年~1970年)のエッセイ約300編を収録。1961年から1970年の10年間、30代の開高健が