検索結果

  • 1-5件を表示 /  5
  1. (著)萩野貞樹

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    二見書房
    発売日 :
    2017/01/01
    対応端末

    美しくて楽しくて便利な旧かな――せつかくなら書き方もおぼえてみませう。読む方にはなんの問題もないのですから、せつかくな

  1. (著)萩野貞樹

    650 (税込)

    6pt

    出版社 :
    PHP研究所
    発売日 :
    2017/03/10
    対応端末

    二十一世紀になってもなお戦後民主主義、あるいは皇国史観の呪縛から逃れられずにいる古事記・日本書紀の神話解釈に、真正面から

  1. (著)萩野貞樹

    650 (税込)

    6pt

    出版社 :
    PHP研究所
    発売日 :
    2016/10/21
    対応端末

    日本語にとって敬語は不可欠である。私たちの日常は、まるごと「敬語生活」だといっても過言ではない。ところが戦後、国際交流や

  1. (著)萩野貞樹

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    二見書房
    発売日 :
    2016/02/01
    対応端末

    敬語は3つだけ! 迷いが消えるハギノ式敬語論敬語にはたった3種類しかなく、 しかもそのひとつ「丁寧語」は「です・ます・

  1. (著)萩野貞樹

    780 (税込)

    7pt

    出版社 :
    幻冬舎
    発売日 :
    2015/07/03
    対応端末

    私たちが日頃使う「新かなづかい」は、ほんの60年ほど前に制定されました。それまで日本人に使われてきたのは「旧かなづかい