検索結果

  • 1-7件を表示 /  7
  1. (著)菊地明

    880 (税込)

    8pt

    出版社 :
    文藝春秋
    発売日 :
    2016/04/28
    対応端末

    殺した敵は26人、殺した「味方」は40人! 近藤勇、土方歳三、沖田総司らが、京都で剣を振るい、最期は武士らしく散って

  1. (著)永倉新八(注)菊地明

    1,101 (税込)

    11pt

    出版社 :
    PHP研究所
    発売日 :
    2015/04/03
    対応端末

    永倉新八は、幕末の京都で活躍した新選組の副長助勤・二番組頭をつとめ、池田屋事件では近藤勇とともに奮戦した。晩年、北海道の

  1. (著)菊地明

    756 (税込)

    7pt

    出版社 :
    筑摩書房
    発売日 :
    2014/04/18
    対応端末

    坂本龍馬について関係者が残した記録の多くは、通説に合致しないために顧みられることもなく、そういったことが彼の誕生から暗殺

  1. (著)菊地明

    810 (税込)

    8pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2014/01/10
    対応端末

    この15年がわかれば「日本」が見える。その時現場にいたのは? 迫真の筆で謎解き! 刻一刻と変化した後半7年の腑分け! 涙

  1. (著)菊地明

    756 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/11/29
    対応端末

    過激派を抑え弱腰を逃がし内蔵助は近づく! 「これはやらねばダメだろう」武士の一分を立てるためごく普通の男達が、じわじわと

  1. (著)菊地明

    719 (税込)

    7pt

    出版社 :
    学研
    発売日 :
    2013/03/23
    対応端末

    熱い志を持つ者を数多く輩出した幕末には、武士・公家だけでなく、まったく教養のない草莽の士に至るまで、その熱い想いを三十一

  1. (著)菊地明

    723 (税込)

    7pt

    出版社 :
    学研
    発売日 :
    2013/03/23
    対応端末

    新たな時代に生まれ変わろうとする幕末期、土佐の郷士として生まれた岡田以蔵。武市半平太を師と仰ぎ、武市と土佐勤王党の目指す