検索結果

  • 1-9件を表示 /  9
  1. (著)石瀬える

    216 (税込)

    2pt

    出版社 :
    いるかネットブックス
    発売日 :
    2014/05/16
    対応端末

    目黒莉紅(めぐろりく)は、数カ月もの間、金曜の夜に途中に必ずつけられている。ずっとひとりで悩んでいたが、ある日、電車で

  1. (著)石瀬える

    216 (税込)

    2pt

    出版社 :
    いるかネットブックス
    発売日 :
    2014/04/18
    対応端末

    和光七理は、来年の研究室所属のため、歴史の研究室に訪れていた。その帰り、本来志望していた研究室の講師である千川悠真につか

  1. (著)石瀬える

    324 (税込)

    3pt

    出版社 :
    いるかネットブックス
    発売日 :
    2014/10/10
    対応端末

    恋人の浮気をきっかけに自宅に引きこもった狭山奏流。ある日、配達員である中井から荷物を受け取る。その数日後、奏流は中井とば

  1. (著)石瀬える

    216 (税込)

    2pt

    出版社 :
    いるかネットブックス
    発売日 :
    2014/03/28
    対応端末

    九月初旬、茨城京は卒業研究のネタを探すために、ある地を訪れていた。駅までの最終バスを逃してしまい、途方に暮れていたときに

  1. (著)石瀬える

    216 (税込)

    2pt

    出版社 :
    いるかネットブックス
    発売日 :
    2013/12/27
    対応端末

    葛西なゆは叔父の葛西彩人を一途に想い続けていた。ある日、父に頼まれて彩人の元に向かうが、取られた態度は依然と違い、辛辣

  1. (著)石瀬える

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    いるかネットブックス
    発売日 :
    2015/09/11
    対応端末

    高校時代に恋愛で苦い思い出があった秦野和羽は、他者と深く関わらずに生きてきた。打ち合わせ後、新宿でトラウマを植え付けて

  1. (著)石瀬える

    216 (税込)

    2pt

    出版社 :
    いるかネットブックス
    発売日 :
    2014/08/01
    対応端末

    茨城京は、とある理由から鬼と共同生活を始めることになった。鬼は、茨木魁と名乗り、現代社会に馴染んでいく。そんなある日の

  1. (著)石瀬える

    216 (税込)

    2pt

    出版社 :
    いるかネットブックス
    発売日 :
    2014/02/14
    対応端末

    長原藍奈は建設会社で一般事務として働いているが、夜間部の大学生として勉学に励んでいる。しかし、会社や大学にはナイショで官

  1. (著)石瀬える(イラスト)桐都

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    ニューメディアプレス
    発売日 :
    2014/01/31
    対応端末

    篠崎咲穂は金銭的な事情で住み込みのアルバイトをすることになった。バイト当日に気を失い、目が覚めたら見知らぬ一軒家。しかも