検索結果

  • 1-12件を表示 /  12
  1. (著)海道龍一朗

    720 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    互いの謀略の限りを尽くし、機は満ちた。武田の鶴翼の布陣に上杉の車懸かりの布陣が襲いかかる。奇襲に次ぐ奇襲、その血で大地の

  1. (著)海道龍一朗

    700 (税込)

    7pt

    出版社 :
    PHP研究所
    発売日 :
    2016/02/05
    対応端末

    のちに「稀代の謀将」「表裏比興の者」と呼ばれる武将の、若き日の純粋で清冽な姿とは。――真田幸隆の三男として生まれ、わずか

  1. (著)海道龍一朗

    700 (税込)

    7pt

    出版社 :
    PHP研究所
    発売日 :
    2016/02/05
    対応端末

    いったい何を、どれほど失えば、この身は一人前の武士になれるというのでありましょうや――武田信玄から「わが両眼の如き」とま

  1. (著)海道龍一朗

    720 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    最強騎馬軍団を誇る武田信玄と無敗の四天王を率いる上杉謙信。たまさか同時代に生きた史上稀に見る二人の偉大な傑将は、狭隘地川

  1. (著)海道龍一朗

    700 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    戦乱の世、上州の小領主の次男として生まれながら、武人としてより兵法者としての道を選び、「剣聖」となった漢がいた――。剣の

  1. (著)海道龍一朗

    1,566 (税込)

    15pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2016/04/22
    対応端末

    庶民の「申楽」を、「能」という幽玄の域にまで高めた世阿弥。金春禅竹はその娘婿となり、指導を受けて深く結びついていった。そ

  1. (著)海道龍一朗

    1,599 (税込)

    15pt

    出版社 :
    PHP研究所
    発売日 :
    2016/03/25
    対応端末

    われらは死花に非ず――昌幸から幸村へ託されたものとは。大河ドラマ「真田丸」でも草刈正雄の好演で話題の戦国武将、真田昌幸。

  1. (著)海道龍一朗

    691 (税込)

    6pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/10/11
    対応端末

    三代にして関八州に覇を成す。始祖以来の悲願達成のため伊豆、相模を制し、武蔵国を攻略する北條家。だが父氏綱が生涯をかけて落

  1. (著)海道龍一朗

    659 (税込)

    6pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/10/11
    対応端末

    河越城の周りには、関東の諸勢力が参加する八万五千の北條包囲軍。守る綱成の兵はたった三千。綱成を助けるか、城を残すか――。

  1. (著)海道龍一朗

    802 (税込)

    8pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/06/14
    対応端末

    群雄割拠の戦国時代、ついに上洛を果たした信長。天下布武を掲げた彼の者の心中は、我欲への依怙か天下静謐か――。信長の行状と

  1. (著)海道龍一朗

    802 (税込)

    8pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/06/14
    対応端末

    新陰流の使い手、豪商の長男坊、陰陽師家の香道師、役の行者の末裔、男装の女剣士。朝廷の命運までも左右する信長とは、果たして

  1. (著)海道龍一朗

    782 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    剛の神道流と柔の陰流を融合させ「新陰流」を編み出した秀綱。だが度重なる戦の中で兵法者として円熟を増しながら戦国武将として