検索結果

  • 1-24件を表示 /  241
  1. (著)吉川英治

    977 (税込)

    9pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/06/28
    対応端末

    不朽の名作、吉川三国志を一気に読める完全版。日本では卑弥呼が邪馬台国を統治する頃、中国は後漢も霊帝の代、政治の腐爛は黄巾

  1. (著)吉川英治

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    野に伏す獣の野性をもって孤剣をみがいた武蔵が、剣の精進、魂の求道を通して、鏡のように澄明な境地へ達する道程を描く、畢生の

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    日本では卑弥呼が邪馬台国を統治する頃、中国は後漢も霊帝の代、政治の腐爛は黄巾賊を各地にはびこらせ、民衆は喘ぎ苦しむ。この

  1. (著)吉川英治

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    一介の毬使いから近衛大将にまで成り上がった高キュウ。専権をほしいままにする彼が腐敗政治を生み、庶民の血と涙が反骨の英雄を

  1. (著)吉川英治

    745 (税込)

    7pt

    出版社 :
    ゴマブックス
    発売日 :
    2015/06/26
    対応端末

    日本って面白いと思える歴史エッセー『三国志』『宮本武蔵』などで知られる国民的作家・吉川英治が語る日本史の珍談・奇談

  1. (著)吉川英治

    977 (税込)

    9pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/12/20
    対応端末

    講談社吉川英治歴史時代文庫を底本にした、一気に読める全一冊合本版。義経が牛若といって鞍馬にあった頃、同じ源氏の血をうけて

  1. (著)吉川英治

    977 (税込)

    9pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/06/28
    対応端末

    野に伏す獣の野性をもって孤剣をみがいた武蔵が、剣の精進、魂の求道を通して、鏡のように澄明な境地へ達する道程を描く、畢生の

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    黄巾賊の乱は程なく鎮圧されたが、腐敗の土壌にはあだ花しか咲かない。霊帝の没後、十常侍に代って、董卓が権力の中枢に就いた。

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    黄巾賊の乱より十年、天下の形勢は大いに変っていた。献帝はあってなきものの如く、群雄のうちにあっては、曹操が抜きんでた存在

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    乱世の姦雄を自称し、天下を席捲した曹操も、関羽には弱かった。いかな好遇をもってしても、関羽の心を翻すことはできない。玄徳

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    新野を捨てた玄徳は千里を敗走。曹操はなおも追撃の手をゆるめない。江夏にわずかに余喘を保つ玄徳軍に対し、潰滅の策をたてた。

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    赤壁の大敗で、曹操は没落。かわって玄徳は蜀を得て、魏・呉・蜀三国の争覇はますます熾烈に――。呉の周瑜、蜀の孔明、両智将の

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    「三国志」をいろどる群雄への挽歌が流れる。武人の権化ともいうべき関羽は孤立無援の麦城に、悲痛な声を残して鬼籍に入る。また

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    曹真をはじめ多士済々の魏に対して、蜀は、玄徳の子劉禅が暗愚の上、重臣に人を得なかった。蜀の興廃は、ただ孔明の双肩にかかっ

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    謙信を語るとき、好敵手信玄を無視することはできない。精悍孤高の謙信と千軍万馬の手だれの信玄。川中島の決戦で、戦国最強の甲

  1. (著)吉川英治

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    長い遍歴をともに重ねてきた城太郎は、木曽路でぷっつり消息を絶ち、武蔵は、下総の法典ケ原で未墾の荒野に挑む。恃むべき剣を捨

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    将門は著者の最も食指を動かした人物の一人である。反逆者としての歴史の刻印を除きたい気持ちもあったが、純粋で虚飾のない原始

  1. (著)吉川英治

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    山崎、賤ケ嶽の合戦と、破竹の勢いで進んできた秀吉軍が、たとえ一部隊にせよ、長久手で家康軍に完敗したことは、今後の戦局、い

  1. (著)吉川英治

    648 (税込)

    6pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    血をみてはならぬ殿中で、内匠頭が上野介めがけて腰の小刀を一閃したとき、赤穂藩五万三千石は音もなく崩れた。太守は即日切腹、

  1. (著)吉川英治

    702 (税込)

    7pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/23
    対応端末

    時は幕末、世は日増しに物情騒然。幕府の秘密をさぐり出し京へ逃げ帰ろうとする公卿の娘、執拗に追う同心や旗本、娘をひそかに助

  1. (著)吉川英治

    324 (税込)

    3pt

    出版社 :
    オリオンブックス
    発売日 :
    2015/06/12
    対応端末

    『おのれに勝つ』厳しい修行に耐え、精進を重ねた孤高の人。いずれも天下無双、他の追随を寄せ付けない剣の達人たちがここにある

  1. (著)吉川英治

    1,868 (税込)

    18pt

    出版社 :
    ゴマブックス
    発売日 :
    2015/05/01
    対応端末

    吉川英治作品シリーズ第一弾として『三国志』を刊行!“稀代の碩学”渡部昇一氏(上智大学名誉教授)による豪華解説(書き下ろ

  1. (著)吉川英治

    745 (税込)

    7pt

    出版社 :
    ゴマブックス
    発売日 :
    2015/05/01
    対応端末

    吉川英治作品シリーズ第一弾として『三国志』を刊行!“稀代の碩学”渡部昇一氏(上智大学名誉教授)による豪華解説(書き下ろ

  1. (著)吉川英治

    216 (税込)

    2pt

    出版社 :
    オリオンブックス
    発売日 :
    2015/01/16
    対応端末

    歴史上の偉人の妻たちの短編集。英雄たちの偉業には必ず内助の功があった。楠木正成の妻、久子。夫を始め我が子を次々に戦で失う