検索結果

  • 1-24件を表示 /  50
  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/17
    対応端末

    江戸の世、天下人・徳川家康は甲賀(こうが)と伊賀(いが)という忍法の二大宗家を相争わせ、十人対十人の忍法殺戮(さつりく)

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき(脚本)藤咲

    0 (税込)

    0pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2015/01/20
    対応端末

    ヤングマガジンの激アツ増刊「月刊ヤングマガジン」の“第0号”が登場! 掲載作品の第一話を特別に詰め合わせたスペシャルショ

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/18
    対応端末

    江戸時代、徳川(とくがわ)三代将軍・家光(いえみつ)の世。会津藩主・加藤明成(かとうあきなり)に逆らったとされた会津藩元

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/04/26
    対応端末

    山田風太郎の忍法帖シリーズ最高傑作『魔界転生』を、せがわまさきが極限の筆致で描く、幻想剣戟譚!! ――島原の乱の生き残り

  1. (著)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2015/01/09
    対応端末

    八百年の時を経て、江戸の世によみがえったのは、平安の世からの宿縁。己を太刀に封じ込めた陰陽師・安倍清明に復讐すべく復活し

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/17
    対応端末

    徳川三代将軍の世継ぎ問題に決着をつけるため、忍法殺戮(さつりく)合戦をして生き残りを賭けることになった甲賀と伊賀。両家の

  1. (原作)山田正紀(漫画)シヒラ竜也(キャラクター原

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2017/11/06
    対応端末

    『バジリスク ~甲賀忍法帖~』で、甲賀と伊賀の忍たちが徳川家の世継ぎ争いのため命を散らしてから十年の月日が流れた……。平

  1. (原作)山田正紀(漫画)シヒラ竜也(キャラクター原

    370 (税込)

    3pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2017/11/06
    対応端末

    【巻頭カラー】『バジリスク ~桜花忍法帖~』!! アニメ化最新情報発表&待望の単行本第1巻、11月6日発売!! バラバラ

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/17
    対応端末

    徳川将軍家の世継ぎ問題に巻き込まれ、忍法殺戮(さつりく)合戦を繰り広げる甲賀と伊賀。共に愛し合う甲賀弦之介(こうが・げん

  1. (著)しげの秀一、岡本倫(原作)にんじゃむ(漫画)

    370 (税込)

    3pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2018/01/06
    対応端末

    【巻頭カラー】『MFゴースト』レースは勝負の直線コースへと差し掛かる――ハチロク決勝進出目前! 待望の単行本第1巻は1月

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/17
    対応端末

    徳川将軍家の世継ぎ問題に巻き込まれ、忍法殺戮(さつりく)合戦で生き残りを賭ける甲賀と伊賀。引き裂かれた甲賀弦之介(こうが

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/17
    対応端末

    徳川将軍家の世継ぎ問題に巻き込まれ、十人対十人で忍法殺戮(さつりく)合戦をして生き残りを賭ける甲賀と伊賀。愛し合いながら

  1. (原作)山川直輝(漫画)朝基まさし(原作)山田正紀

    370 (税込)

    3pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2017/12/04
    対応端末

    【巻頭カラー】『マイホームヒーロー』 招かれざる客、恭一がマイホームの証拠へ迫る・・・・!? 単行本第2巻12月6日(水

  1. (著)市川マサ(原作)山田正紀(漫画)シヒラ竜也(

    370 (税込)

    3pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2018/01/15
    対応端末

    ※グラビアは一部掲載しておりません。ご了承ください。 【新連載&巻頭カラー】異能クライムサスペンス新連載『僕はどこから』

  1. (著)平本アキラ(原作)山田正紀(漫画)シヒラ竜也

    370 (税込)

    3pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2017/11/13
    対応端末

    【巻頭カラー】『監獄学園』最新第27巻発売中、尿意極まる巻頭カラー!! 真実と告白と尿意の果てにキヨシに何が待ち受ける!

  1. (原作)江戸川乱歩(漫画)上条明峰(著)南勝久、木

    370 (税込)

    3pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2017/11/27
    対応端末

    ※グラビアは掲載しておりません。 【新連載&巻頭カラー】読み切りで大好評だった『小林少年と不逞の怪人』がついに完全連載化

  1. (原作)にんじゃむ(漫画)森田和彦(協力)福本伸行

    370 (税込)

    3pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2017/10/30
    対応端末

    【新連載&巻頭カラー】オカルトサスペンス『ネメシスコール』!! 次々と、生徒を襲う爆殺魔! オカルト雑誌記者とライフル日

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/01/18
    対応端末

    悪逆の会津藩主・加藤明成とその配下である会津七本槍に、一族一党を惨殺された堀の女たち七人は、仇を討つべく、柳生十兵衛三厳

  1. (原作)にんじゃむ(漫画)森田和彦(著)南勝久(原

    370 (税込)

    3pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2017/12/25
    対応端末

    ※グラビアは一部掲載しておりません。ご了承ください。 【巻頭カラー】『ネメシスコール』!キレ者オカルト雑誌記者とおマヌケ

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2015/08/28
    対応端末

    槍の宝蔵院の中でも随一の才を持つ男・宝蔵院胤舜(ほうぞういん・いんしゅん)。魔人として生まれ変わった剛僧が魔界衆第二の刺

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2015/03/06
    対応端末

    紀州・熊野路を舞台に、柳生十兵衛(やぎゅう・じゅうべえ)と魔界衆との死闘が、ついに幕を開ける!! 魔界衆・第一の刺客は田

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2017/02/06
    対応端末

    魔界衆の本拠・和歌山城で逃げ場を失った十兵衛――その窮地を救ったのは敵であったはずのクララお品だった。裏切りを知った天草

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2014/10/06
    対応端末

    平穏なる柳生(やぎゅう)の里に、吹き寄せる魔風……!! 殺気をまとい甘き死へと誘う、禍々しき魔界転生衆との邂逅によって、

  1. (原作)山田風太郎(漫画)せがわまさき

    540 (税込)

    5pt

    出版社 :
    講談社
    発売日 :
    2013/07/12
    対応端末

    短き生涯を、復讐と剣術に捧ぐ……――剣士・田宮坊太郎(たみや・ぼうたろう)、慟哭。己の人生に大きな後悔を抱く者たちが、“