み・だ・ら(1)

商品概要

おカタイ風紀委員の環は、妙にからんでくる航平の態度にとまどうばかり。「もう近づかない。」そう決めたのに、瞳が彼を追いかけてしまうのはなぜ!? 凍った心が、高揚とともに溶けていく。“あなたに触れられ女になる。官能と背徳に溺れる、わたしの躰は果てしなく……み・だ・ら――。”

3 件中 1 - 3 件を表示しています。

同じ著者の本