カレシな彼女とカノジョな僕

商品概要

「タマキくんは、私の理想とする可愛い女の子なのだ」
「すみません、いくら先輩が真剣に仰ったところで、僕は男です。イサリ先輩の目にどれだけ僕が可愛く映っていようとも、僕はれっきとした男ですからっ」
「では言い直そう。キミは私の、可愛い男の娘だ!」
「字面っ!!」
「じゃあ…メス男子…って、言えばいい?」
「余計に悪いです」
なぜか彼女は、男である僕を「カノジョ」にしようとしているのだ。そして女である彼女は、僕の「カレシ」になりたがっていた。

同じ著者の本