蒼へと揺らぐ

商品概要

生来、闇の色しか知らない盲目の佳人・栞。その瞳に唯一、映し出すことが出来たのは、闇から生まれたという妖人の姿だけであった。
初めて闇以外の色を眼にした栞は、犬の耳を生やした妖人に惹かれる。
名を持たなかった妖人は、栞に「空太郎」という名を付けてもらったお返しに、ひとつだけ願いを叶えてやると約束する。
たった数日の夜の逢瀬で、寂しさと情の境目にふたりして立つことになるのだが……。

同じ著者の本