頑張らない英単語記憶法

商品概要

産経新聞「週間ベストセラー」コーナーに掲載されました!
脳の仕組みに合った覚え方さえできれば、
天才的な記憶力を発揮したり、
英語であれば楽々単語を覚えたりすることが誰でも可能なのです。
TOEIC満点の著者が初公開。英単語を身につける、自由に使いこなす。
英単語を覚える時に、こんなことをしていませんか?
・気合いと根性で繰り返し覚える
・ひたすら書いて“手で覚える”
・語呂合わせに頼る
また、英単語をせっかく覚えても、こんな結果になっていませんか?
・単語を覚えても結局英語が話せない
・TOEICスコアは上がったものの、英語力は相変わらず
・覚えては忘れ…また覚えてのイタチごっこ
・覚えることが多すぎて、英語が嫌になった
・しばらく英語から離れていたら、すっかり忘れてしまった
英単語を頑張って、必死に覚える必要はない!
脳の仕組みを知り、脳が覚えやすいやり方で学んでいけば、誰でも簡単に英単語が身につく。
TOEIC満点の著者が初公開、英語に特化した記憶の本!
■目次
●Chapter1 英単語が自然と覚えられる心構え
・頭の悪い人なんて存在しない!?
・「覚える」のは、実は簡単
・「覚えられない」のではなく「忘れてしまう」だけ!
・脳は何の努力もなしに覚えられる?
・長い情報を無理やりに覚えようとしていませんか?
・覚えたからといって放置してはダメ?
・脳はとっくに記憶している
・まとめ:脳科学に基づいた記憶の仕組み
・覚えたい情報を長期記憶に入れるコツ
・気づかないうちに、順番で覚えてしまっていませんか?
・スペル(つづり)を覚えるためにトレーニング
・目には見えない「意識」が大きな影響を与える

●Chapter2 使える知識を身につけるための効果的な覚え方
(大人は「丸暗記」してはいけないイメージを掴めば、圧倒的に記憶に残りやすくなる ほか)
●Chapter3 ボキャブラリーを“増やす”
(大前提となる、最も重要なつながり受け身の英語学習から今こそ卒業しよう ほか)
●Chapter4 ボキャブラリーを“深める”学び方
(「偏り」を解消しよう日本語訳を覚える人、イメージを掴む人 ほか)
■著者 西澤ロイ

同じ著者の本