水軍遙かなり(下)

商品概要

朝鮮出兵で九鬼水軍の大型鉄甲船は苦戦する。
父・嘉隆は戦功をあげられず怯えるが秀吉は「夢のまた夢」の辞世を遺し病没。
趨勢は一気に家康に傾く。
関ヶ原で東西に別れた嘉隆と子・守隆。
父は敗れ、子は家康の海外進出の青写真を知る。
実現されなかった天下人たちの夢に寄り添った九鬼守隆の生涯を描く戦国小説!

※文字の大きさによって、文章がきれいに表示されない場合があります。

2 件中 1 - 2 件を表示しています。

同じ著者の本