水軍遙かなり(上)

商品概要

志摩水軍の若き継嗣・九鬼守隆。
水平線の彼方を眺めつつ戦国の世に育つ。
父・嘉隆に連れられ安土城で「天魔」と懼れられた信長に会い、
この覇者が頑迷な京の暦学者達に苛立っていることを知る。
やがて本能寺の変――。
羽柴秀吉が巧妙に信長の後継ポジションを掴んで行く。

村上水軍より強いと言われた九鬼水軍の頭領・守隆を主人公に、
史料の徹底検討から浮かび上がる「ありえたかもしれない戦国時代後の日本」の姿。

※文字の大きさによって、文章がきれいに表示されない場合があります

2 件中 1 - 2 件を表示しています。

同じ著者の本