ウナギ密漁 業界に根を張る「闇の世界」とは (Wedgeセレクション No.47)

商品概要

広く国民に親しまれているウナギには、「闇の世界」が存在する。稚魚の採取から流通に至るまで、深く根を張る裏社会の実態に迫った――。【WedgeセレクションNo.47】
<目次>
■PART 1
現地取材で明らかになったタブーの実態
はびこる密漁と密輸ロンダリング 暴力団が暗躍するウナギビジネス
(文・鈴木智彦/ジャーナリスト)
■PART 2
DNA検査で見えた兆候
綱渡りで支えられている中国産・格安蒲焼き
(文・Wedge編集部)
■COLUMN
世界に広がるKABAYAKI市場
(文・Wedge編集部)
■COLUMN
ウナギ完全養殖最前線 商業化成功までの果てしない旅路
(文・Wedge編集部)
■COLUMN
精ではなく脂肪がつく? ウナギ蒲焼を食べるときの注意点
(文・Wedge編集部)
■PART 3
「爆食」日本人の新たな標的となったビカーラの今
奈良産・異種ウナギいよいよ登場か プロが諦めた養殖に挑む素人
(文・Wedge編集部)
※この電子書籍は、月刊『Wedge』2015年8月号で掲載された特集記事を電子書籍化したものです。記事中の事実関係、データ、肩書き等はすべて掲載当時のものです。

同じ著者の本