UBERの正体(Wedgeセレクション No.45)

商品概要

ゴールドマンサックス、グーグル、百度(バイドゥ)をはじめ、世界中から投資されるUBERの企業価値は4兆円を超える。一方、UBERをはじめとする「破壊者(ディスラプター)」と霞が関、既存勢力の軋轢からは日本の課題も見えてくる─。【WedgeセレクションNo.45】
<目次>
■PART 1
世界中から投資を受ける真の理由
(文・宮田拓弥/Scrum Ventures ゼネラルパートナー)
■PART 2
「破壊者」が投げかける難題 手を焼く霞が関
(文・中西 享/経済ジャーナリスト)
■INTERVIEW
Airbnb Japan 代表取締役 田邉泰之氏
■INTERVIEW
UBER JAPAN 執行役員社長 高橋正巳氏
※本作品は月刊『Wedge』2015年5月号とWEBマガジン『WEDGE Infinity』で4月に掲載された記事を電子書籍化したものです。電子書籍化に際し、一部加筆・修正を加えております。

同じ著者の本