<試読版>企業ネットワークが快適になる新・三種の神器(日経BP Next ICT選書) 日経コミュニケーション専門記者Report(9)

商品概要

※本書は試読版です。

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(9)
本書の平均読了時間約24分(14,500字)

 企業ネットワークを支えてきた“三種の神器”の新旧交代期が到来している。

 「イントラネット」「卓上型ビジネスホン」「有線LAN」を廃棄もしくは大幅に役割を縮小させて、「クラウド」「スマートフォン内線電話」「無線LAN」に代替させる動きである。

 しかし信頼性やコスト、使い勝手への心配から移行をためらったり、二重投資でせっかくの効果を半減させたりしている企業は少なくない。

 一足先に新旧交代を果たした先行企業の取り組みから、企業ネットワークが快適になる“新・三種の神器”の活用術を紹介する。

※本書は日経コミュニケーション2014年6月号の特集記事「さらば 三種の神器」をスマホ向けに再構成したものです。

【目次】

[プロローグ]道具への「慣れ」を断て 入れ替えてこそ効果が出る

[クラウド編]自前主義に将来なし 情報共有も劇的に変わる

[スマホ内線電話編]固定との「2台持ち」は非効率 外線が主ならコスト減は確実

[無線LAN編]有線置き換えで運用が軽く 複数端末なら「無線一本」が正解

同じ著者の本