<試読版>ITのオアシスに進化する無料Wi-Fi(日経BP Next ICT選書) 日経コミュニケーション専門記者Report(3)

商品概要

※本書は試読版です。

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(3)
本書の平均読了時間約32分(19,000字)

 商業施設の来店客や観光客などに向けた、無料のWi-Fi(無線LAN)サービスの整備が活気付いている。施設の魅力を高めて消費者の購買行動を刺激するほか、年間1000万人を超えた訪日外国人を取り込む狙いだ。

 一方で狙った効果が出ず、顧客満足度も低く、サービスを見直す先例も出てきた。支持されているのは、人を集める求心力を持つ「ITのオアシス」ともいうべき、的確な情報発信や独自性のあるサービス。

 利用シーンに合ったネット接続の機能と使い勝手にも力を注いでいる。大きな集客力を生み出す無料Wi-Fiサービスの先行事例とそのノウハウを紹介する。

※本書は日経コミュニケーション2014年12月号の特集記事「無料Wi-Fi活用」をスマホ向けに再構成したものです。

【目次】

[プロローグ]ヒトとモノを動かせ、施設や地域に“磁場”を作る

[事例編]「ここだけ」のサービスで先行、独自性と利便性が集客の鍵

[ノウハウ編] 安く・早く・価値を生む、サービスを成功に導く投資術

同じ著者の本