<試読版>スマホ時代のO2O/SNS活用法(日経BP Next ICT選書) 日経コミュニケーション専門記者Report(7)

商品概要

※本書は試読版です。

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(7)
本書の平均読了時間約31分(18,300字)

 企業のデジタルマーケティングに大きな進化が起こりつつある。位置情報を利用して来店者の行動を可視化したり、ソーシャルメディアを通じて企業の商品やブランドに対する見込み客などの意向を把握したりと、より密に顧客とつながる企業が現れ始めた。

 鍵を握るのは、新型の決済サービスなどを駆使する「O2O(Offline to Online)」とワンツーワンで消費者とコミュニケーションが取れるようになってきた「SNS」の活用。

 企業システムにうまく連携させるためには情報システム部門の支援が欠かせない。

※本書は日経コミュニケーション2014年8月号の特集記事「顧客とつながる企業の決め手」をスマホ向けに再構成したものです。

【目次】

[プロローグ]スマホ越しの膨大な「見込み客」、最新のITインフラで把握する

[O2O編]行列も財布も消える、スマホ決済とビーコンが鍵

[SNS編]業務システムとソーシャルが連携、使い分けと活用の工夫を支援

同じ著者の本