<試読版>携帯電話事業者の砦 SIMの秘密10(日経BP Next ICT選書) 日経コミュニケーション専門記者Report(1)

商品概要

※本書は試読版です。

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(1)
本書の平均読了時間約22分(13,300字)

 格安スマホのブームによって、目にする機会が増えてきたSIMカード。モバイル事業者にとってSIMカードは、ユーザーと事業者を結び、ビジネスの土台となる極めて重要な存在だ。

 このようなSIMカードが相次ぐ環境変化によって揺らいでいる。これまでモバイル事業者が特権的に扱ってきたSIMカードが、他のプレーヤーによって侵食される可能性が出てきたからだ。

 知られざるSIMの秘密に迫り、今後の市場への影響を分析する。

※本書は日経コミュニケーション2015年2月号の特集記事「SIMは誰のもの」をスマホ向けに再構成したものです。

【目次】

PART1 Q&A

PART2 SIMは誰のもの?

PART3 Apple SIMがもたらす波紋

同じ著者の本