五訂 ベーシック環境六法

商品概要

◆日本の環境法学界を代表する淡路剛久、磯崎博司、大塚 直、北村喜宣による編集!
◆膨大な環境関連法令の中から、法令110件、条約19件、条例7件を精選!
◆収録法令を全15章に分類し、体系的に収載!

◆本改訂で新たに盛り込んだ内容◆
○排水基準を定める省令
○浄化槽法
○水道法
○海岸法
○肥料取締法
○工業用水法
○悪臭防止法
○食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律
○家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律
○毒物及び劇物取締法
○有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律
○原子力損害の賠償に関する法律
○特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律
○温泉法
○電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法
○生物の多様性に関する条約の遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定書(抄)
○バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書の責任と救済に関する名古屋クアラルンプール補足議定書(抄)
○環境に関わる、情報の入手、意思決定への公衆参加および司法の利用に関する条約(抄)

◆内容現在:原則として、平成23年12月1日までに公布され、平成24年4月1日現在で効力を有する内容を、本文に加えた状態で収録。
  以下の法令は、出来る限り最新の改正内容を反映!
○環境影響評価法
○水質汚濁防止法
○水質汚濁防止法施行令
○電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法

※画像形式の解説書のため、データ量が大きめになっています(約30MB)。
メモリの少ないスマートフォン・タブレット等では閲覧が難しいことがあり
ます。また、画像形式のため、画面の小さいスマートフォンでは拡大して
閲覧する必要があります。なお、PCのブンコビューア、iPad2での閲覧
は検証済みです。

同じ著者の本