ホームレスが流した涙

商品概要

家族が恋しくなる、ホームレスにまつわる実話エピソード集

 深刻な金融危機を発端とした企業のリストラ・派遣切りの結果、失業者が増加し、ホームレスの数は急増しています。彼らは、その経緯だけでなく、現在の生活、置き去りにした家族などさまざまな悲しい事情をかかえています。

 本書では、著者がホームレスに密着取材。ともに生活し、真摯に話を聞き、彼らを通じて人の生き方・家族愛について見つめ直す人間ドラマをまとめています。

第1章 家族
 許してくれた家族たち
 最期に伝わった隣人の想い
 犬に救われた2つの命
 魔がさしてしまった瞬間
 世界でいちばん小さい結婚式
 車上でつき続けた無限の嘘
 逃げた自分に対する後悔
 父に逆らい続けて
 果たして、30年ぶりの帰宅

第2章 仲間
 上野の歴史と共に生きる
 不幸の連鎖
 脳溢血で潰えた夢
 寒波に消えた小さな炎
 若き野宿者の気付き
 安らかに眠れる場所

第3章 他人
 悩める若人の人生相談
 ホストの行く末
 見かけによらない若者たち
 したたかで強い目を持つ人
 暴力の代償
 DVに耐えかねて
 山谷で救われた日

●村田らむ(むらた・らむ)
1972年生まれ。愛知県名古屋市出身。イラストレーター、ライターとしてさまざまな雑誌で活躍する。サブカルチャーやアンダーグラウンド、犯罪などに関する記事を扱うことが多い。特に10年以上続け、もはやライフワークとも言えるホームレスに関するルポは評価が高い。

同じ著者の本