新黙示録 北海の秘祭

商品概要

能登で起きた連続殺人事件には、古代の暗号が隠されていた!

 津波に激しく洗われる能登の海岸。その小さな入江に打ち上げられた若い女“ヒコ”は命を助けられた加瀬友之輔に謎の言葉を残して失踪した。
 一方、人妻の小酒井佑子は毎夏、能登で加瀬との逢瀬を愉しんでいたが、今年は事情が一変する。向田の火祭り、名舟祭りで殺人事件が起こり、佑子の父も殺される。
 能登・倭島王朝の秘宝をめぐり事件は思わぬ展開をみせた……。

●志茂田景樹(しもだ・かげき)
静岡県生まれ。おひつじ座のA型。中央大学法学部卒。塾講師、新聞記者などを経て、1976年秋に『やっとこ探偵』で第二七回小説現代新人賞を、1980年には『黄色い牙』で第八三回直木賞を受賞。

7 件中 1 - 7 件を表示しています。

同じ著者の本