「国防」がよくわかる本

商品概要

法律・兵器・政治……その過去から現在へ

 軍隊のない独立国は、日本も含めて数ヵ国にすぎません。ところが日本の防衛予算は英・独・仏をもしのぎ、しかも1990年の湾岸戦争、1999年の周辺事態法、そして2004年の自衛隊のイラク派遣を経て、その矛盾は劇的に深化しました。にもかかわらず、防衛論争は日米安保と憲法9条の範囲にとどまっています。
 本書では、法律・兵器・政治を軸に、憲法制定から近年の調達疑惑まで、日本の国防問題の全貌を解き明かします。

第1章 軍隊を持たない国
 終戦とは、いつのことか
 「憲法より米だ!」
 憲法は「押しつけられた」のか
 第九条をめぐって

第2章 「警察力」とバズーカ砲
 東西冷戦
 二つの中国
 二つの朝鮮
 朝鮮戦争への道
 警察予備隊

第3章 安保体制と自衛隊
 朝鮮戦争後の世界
 安保条約
 保安隊とはなにか
 保守政治家と自衛隊
 安保闘争と自衛隊

第4章 三島由紀夫はなぜ死んだか
 「違憲の軍隊」
 治安出動はあり得たか
 「脅威」の変遷
 右翼と三島
 警察官僚の時代

第5章 戦後レジームとはなにか
 赤城構想と三矢研究
 自民党政治と自衛隊
 憲法と自衛隊と裁判所
 護憲派の迷走

第6章 揺らぐ「平和国家」
 知られざる改憲勢力
 冷戦終結への道のり
 日米同盟の危機
 イスラム原理主義
 サダム・フセインの戦争
 作られた「湾岸トラウマ」

第7章 国防の、泣ける真実
 自作自演の話
 戦車の話
 クルマの話
 兵器輸出の話
 福祉と「脅威」と震災の話

●林 信吾(はやし・しんご)
1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)、『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)など、著書多数。

同じ著者の本