新黙示録 銅鐸の秘曲

商品概要

妖艶な美女、謎の銅鐸、そして黄金を求めて対立する組織

 小雨が霧にけぶる深夜の東名・名神高速に現れては、腕自慢のスピード狂をあっさりぶっちぎる赤いファイアバード・トランザムがあった。
 この“幻の天使”に司法試験浪人生の加古東彦は拾われた。運転者は神子という神秘的な美女で、御嶽山が爆発すると予言。陶酔の交りを持ったあと、東彦の恩師で異色の考古学者・桃野川に異常な興味を示し、仲介の労をとるよう頼むのだった。

●志茂田景樹(しもだ・かげき)
静岡県生まれ。おひつじ座のA型。中央大学法学部卒。塾講師、新聞記者などを経て、1976年秋に『やっとこ探偵』で第二七回小説現代新人賞を、1980年には『黄色い牙』で第八三回直木賞を受賞。

7 件中 1 - 7 件を表示しています。

同じ著者の本