妖変源氏物語1【春の章】

商品概要

第一の妃と第一皇子よりも、父である桐壺帝に愛された【光源氏】。母への風当たりは当然強く、早くに心労で亡くすことに…。後に帝が妃に迎えた藤壺に、源氏の君は母の面影を求めつつ淡い恋心を抱くようになる。しかしそれは、永遠に遂げられることのない想い。そんなとき藤壺に瓜二つの少女を見つけた光源氏は、彼女を手元に置き、極上の女に育てあげ、藤壺のかわりに愛そうと心に決めるのだった――。

4 件中 1 - 4 件を表示しています。

同じ著者の本