ジャーナリズムの<いま>を問う:早稲田ジャーナリズム大賞パネルディスカッションより

商品概要

日本のメディアとジャーナリストは大丈夫なのか。東日本大震災に直面して、彼らは何をいかに伝えたか。日本のジャーナリズムの危機を越えるために、3・11後の〈いま〉何が必要なのか。論客たちが縦横に語り警鐘を鳴らす。全国学校図書館協議会選定図書

第1部 危機とジャーナリズム――パネルディスカッションより
●メディアは事実を伝えているか――東日本大震災報道をめぐって   後藤謙次
●二元論の罠と「叩きのフェーズ」                 江川紹子
●安全神話と無謬神話の崩壊――原発事故と司法の連続不祥事     佐野眞一
●ジャーナリズムの危機――ディスカッション
         後藤謙次・江川紹子・佐野眞一・深川由起子(モデレーター)

第2部 ジャーナリズムの使命
●今こそ、日本のジャーナリズムが問われている           八巻和彦
●危機に向き合うジャーナリストたち――ジャーナリズム大賞12年の受賞作紹介
                             早稲田大学広報室

28 件中 25 - 28 件を表示しています。

同じ著者の本