災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命

商品概要

科学者は信ずるに足りないか。大学に何ができるか。大津波と原発事故に直面した、災害社会学・原子力工学・公共哲学・防災工学の代表的研究者たちが、自らを厳しく見つめ、減災と危機復元力のために何が必要なのかを考える。危機の時代に、学問と大学の使命を問い直す、すべての人々へのメッセージ。

第I部 《震災後》に研究者として考えたこと

地域社会学・災害社会学の視点から                   浦野正樹
地域の脆弱性を見つめ復元=回復力を強める
 1 東日本大震災の波紋――過疎・高齢化社会に投げかけられた課題
 2 「想定外」の災禍を生きる?
 3 リスクの可視化と解読/リスク分配の公平姓――社会的な判断プロセス
 4 地域自治と地域での判断軸――地域の存続をかけた問い
 5 災害研究の位相――脆弱性と復元=回復力概念への着目
 6 復元=回復力概念の射程と意義――災害の脆弱性パラダイムの深化


エネルギー・原子力工学の視点から                   岡 芳明
エネルギー問題と福島事故の教訓
 1 エネルギー利用の歴史―化石燃料が主要なエネルギー源、エネルギーは社会の血液
 2 エネルギー・セキュリティー―エネルギー問題は甘くない、つねに戦争/紛争要因
 3 地球環境問題
 4 電気エネルギー
 5 福島事故の教訓
 6 原子力教育
 7 原子力安全の科学的知見の探求と原子力規制専門家の育成
 8 まとめーーエネルギー問題は冷静に多面的に考えよう

公共哲学・経済政策学の視点から                   鈴村興太郎
危機管理への合意形成を求めて
 1 政治主導の危機管理の試金石
 2 学術コミュニティが直面した試練
 3 人文学、社会科学が危機管理の制度設計に貢献する水路は何か
 4 漂着点の現状評価

防災工学・土木工学の視点から                    濱田政則
耐津波学の確立と防災社会の再構築
 1 地震・津波予知の失敗とその後の混迷
 2 耐津波学の構築と津波対策の推進
 3 世界的な自然災害の多発と災害軽減への取り組み

第II部 〈未来〉のために研究者・大学は何をなすべきか

問題提起                               鎌田 薫
四教授のメッセージをいかに受け止めるか
 1 科学の失敗と専門家への不信
 2 社会システムの脆弱性
 3 総合的研究機構としての大学の役割
 4 次代を担う人材の育成
 5 社会に・世界に開かれた大学の条件

ディスカッション                  コーディネーター  鎌田 薫
災害に強い社会へ――科学の役割・大学の使命
                討論者  鈴村興太郎・浦野正樹・濱田政則・岡芳明

28 件中 13 - 24 件を表示しています。

同じ著者の本