3.11津波で何が起きたか:被害調査と減災戦略

商品概要

構造物だけではいのちを守れない。最後の砦の防潮堤が破壊され、激流が町や人々を襲った。従来の研究を根本から問い直す巨大津波の実態。沿岸防災に必要なものは何か。十分な科学的根拠と地域の視点から将来に備える。全国学校図書館協議会選定図書

序 章 想定を超えた巨大津波
 はじめに
 1 津波の高さと被害
 2 過去の津波との違い
 3 調査の概要
第1章 岩手県のリアス式三陸海岸
 はじめに
 1 宮古市田老地区
 2 宮古市
 3 宮古市姉吉地区
 4 上閉伊郡大槌町
 5 釜石市
 6 大船渡市
第2章 宮城県のリアス式海岸
 はじめに
 1 気仙沼市
 2 気仙沼市本吉町中島地区
 3 本吉郡南三陸町志津川地区
 4 牡鹿郡女川町
第3章 宮城県、福島県の低平地
 はじめに
 1 仙台市若林区
 2 名取市
 3 亘理郡亘理町
 4 相馬市
第4章 茨城県と千葉県
 はじめに
 1 茨城県東茨城郡大洗町
 2 茨城県ひたちなか市平磯町
 3 茨城県神栖市,鹿嶋市(鹿島港周辺)
 4 千葉県旭市(飯岡漁港周辺)
第5章 今後の減災対策の展開―構造物だけでは人命を守ることはできない
 1 早稲田大学における複合災害研究の展開
 2 津波防護レベルと津波減災レベル
 3 津波想定の見直し
 4 津波想定の限界
 5 避難の方法と避難場所

28 件中 1 - 12 件を表示しています。