ともに生きた 伝えた:地域紙『石巻かほく』の1年

商品概要

最大被害地のただなかで、みずからも被災者として多くの死に向き合い、がれきとたたかい、必死に生きて紙面をつくり、街のすみずみへ、避難所・仮設・各戸へ、情報を届け続けた日々の記録。全国学校図書館協議会選定図書

第1章 現実と向き合う
 1)「3・11」当日
 2)何を伝えるのか
 3)記者の奮闘と苦悩
第2章 ともに生きる
 1)避難所も兼ねる
 2)「1人じゃない」
 3)地域に寄り添う
第3章 読者に届ける
 1)販売店の苦悩
 2)避難所、仮設住宅への配布
 3)システムの再構築
 4)地域メディアとの連携
第4章 多くの死と向き合う
 1)営業部員の焦り
 2)心に区切り
 3)ペットも家族
第5章 記録し伝える-2つの写真集と写真展
 1)出版へのためらい
 2)何が待たれていたのか
 3)明るさを求めて
第6章 検証―復興とは何か
 1)もろかった情報社会
 2)報道の集中と格差
 3)復興を後押しする―エリア外への発信

28 件中 13 - 24 件を表示しています。