文化遺産の保全と復興の哲学:自然との創造的関係の再生

商品概要

荒ぶる神々との共生。長い歴史のなか、東北の人々は津波をはじめとする自然の脅威に幾度となくさらされてきた。東北各地に残る神社仏閣などの建築物、神楽、祭り、伝承の数々。そこに込められた自然との調和の思想。安全なまちづくりに向けて、いま古人の知恵に学ぶ。全国学校図書館協議会選定図書

第1章 研究の背景と視点(中川武)
 1 文化遺産と自然調和
 2 安全性とは創造性である
 3 研究の進め方の基本方針
第2章 東北の有形文化財(真鍋怜子)
 1 「祈り」としての建築物
 2 関係団体による被害状況の調査
 3 マッピングによる被害の分布調査
 4 高地集落と移転
 5 文化財から感じとる復興への勇気と希望
第3章 東北の無形民俗文化財(吉原信一)
 1 東北の無形民俗文化財の概要
 2 自然と早池峰神楽
 3 海と無形民俗文化財
 4 陸中沿岸廻り神楽
 5 災害に強い共同体をめざして
第4章 被災古民家の調査と復興の考え方(米澤貴紀・宮澤秀輔)
 1 遠藤家住宅
 2 千田家住宅
 3 被災民家と復興の考え方
第5章 祭礼・民俗芸能の再生とまちづくり(中川武)
 1 大槌の鹿子踊から
 2 遠藤家住宅の保存修復と黒船祭の再興
 3 豊かで美しい山田湾の可能性と曳船祭の再編

28 件中 1 - 12 件を表示しています。