拡大する放射能汚染と法規制:穴だらけの制度の現状

商品概要

かつてない放射能汚染を前に、この国の政府・国会は私たち市民のいのちをどのように守ろうとしているのか。日弁連原子力PTメンバー弁護士が、法制度の現状と問題点を明らかにする。全国学校図書館協議会選定図書

序 放出された放射能
  1 放出された放射能の量
  2 放出された放射能量と汚染レベルの具体的イメージ
  3 今回の事故は最悪だったのか

第I部 なぜ放射能はわかりにくいのか
 第1章 放射能とは
  1 放射能とは
  2 放射性物質量と放射線強度
 第2章 放射能が人体に及ぼす影響の不確実性
  1 急性症状と長期的影響,被曝の状況
  2 非特異疾患と因果関係
  3 しきい値の存否と低線量の影響
  4 自然放射能の存在
  5 放射線の違いと核種の違い
  6 外部被曝と内部被曝
  7 有益な放射線利用との関係
  8 十分な実証データがないこと――過去のデータの歴史的意味
  9 政策的判断の余地とバイアス

第II部 拡大する放射能汚染と法規制の現状
 第3章 わが国における放射能規制の基本的事情
  1 行政規制の社会的な意義と放射能規制の問題
  2 放射能に関する環境基準の不存在と被曝限度
 第4章 放射能の空間線量に関する規制
  1 事故後の原発周辺地域における規制
  2 モニタリングポスト値の問題点
  3 東京都内における汚染の実情
 第5章 土壌汚染および放射性廃棄物に関する規制
  1 土壌や放射性廃棄物に関する規定の不存在
  2 深刻化する土壌汚染の実情
  3 首都東京圏の汚染の実態
  4 放射性物質問題で破綻寸前の首都圏の生活インフラと対策法
 第6章 食品汚染に関する規制
  1 食品汚染に関する基準
  2 食品汚染をめぐる状況
  3 牛肉汚染問題が教えた食品安全確保の問題点
 補 論 過去の放射能汚染との比較
  1 過去の大気圏内核実験による汚染との比較
  2 大気圏内核実験による食品汚染
  3 ビキニ水爆実験と水爆マグロ

   最後に――そしてこれから

28 件中 1 - 12 件を表示しています。

同じ著者の本